BLOG ブログ

ブログ

シャインマスカットの鮮度

目次

シャインマスカットの見極め方

しかし、美味しいものは足がはやいのは世の常。
季節限定のこのシャインマスカット、食べるのなら最も美味しい状態でお客様に召し上がっていただきたい。
そこで今回のブログでは、シャインマスカットの鮮度の見極め方を詳しく綴っていこうと思う。

新鮮かどうかは、粒が命!

シャインマスカットの実の大部分は、水分によって構成されている。
その為、粒の一粒一粒にパリッとした張りがある状態ならば、鮮度抜群。シャインマスカットの醍醐味を味わうことができるだろう。
反対に、実が柔らかくなっており、粒の張りが失われているものは鮮度が落ちている証拠なので、注意が必要だ。

白い粉は鮮度のバロメーター

シャインマスカットの実には、時折白い粉が付いていることがある。
一見すると、食べても大丈夫なのか?と思うかもしれないが、ご安心を。
むしろこの白い粉は、『ブルーム』と呼ばれるもので、シャインマスカットが実の水分を失わないように
するために分泌した、天然の保湿成分なのである。
つまり、『ブルーム』が付いた粒ほど鮮度がよく、美味しく安全に食べることができるのだ。
逆に『ブルーム』が無いものは、鮮度が落ちているだけではなく、保存をするのにも適していない状態なので、
早めに召し上がっていただくことをおすすめする。

軸をじっくり見てみる

シャインマスカットの鮮度を見抜くには、可食部である粒を見るだけには留まらない。
そこで次に、シャインマスカットの軸の様子を見ていこう。
普段では、食べることのできない軸は、美味しく食べるには見落としがちになるかもしれないが、
シャインマスカットにとって、軸は自然の「うま味」を運んでくれる部分で、重要なポイントなのである。
具体的な、目利きの判断としてはキレイな緑色をしているものを選ぶことが挙げられる。
より鮮度の良いシャインマスカットを吟味できることだろう。
「なるほど、食べることのできない部分にも重要な要素があるとは、一口にシャインマスカットと
言っても、極めるのは奥が深い……」

やっぱり大切、果実の色味

ここまで、ひと通りシャインマスカットの鮮度を見分けるために、数々の項目を見てきたが最後に見たいポイントがある。
それは、果実の色味である。
パッと見の判断基準として、緑色をしているものよりも、少し黄色味を帯びたものを選ぶといい。
そして、全体的な色味が均等であることも、大事なポイントになってくる。
これは、シャインマスカットを始めぶどう全般的に言えることなのだが、軸から遠くなればなるほど
「うま味」が行き届くのに時間がかかるため、全体的に色がつく頃にはシャインマスカットの甘みが
全体に広がるので、鮮度や美味しいものを選ぶポイントとなるのである。

まとめ

ここまでをまとめると……。
 ①粒の一つ一つに張りと瑞々しさがあるか。
 ②白い粉『ブルーム』は出ているか。
 ③軸は緑色を帯びているか。
 ④果実の色は全体的に、まんべんなく色がついているか。
以上の4点を満たしているものが、重要な基準である。シャインマスカットの鮮度や美味しさを保証する、
大切な基準になってくるのだ。

HoshinaFarmのシャインマスカットを、食べていただく際も以上の点を踏まえて、美味しく召し上がって
いただけたら私達も嬉しく思います。
ここまで、鮮度について書き綴ってきたが、HoshinaFarmでは「信州産の朝採れ新鮮!」をモットーに、
東京を始め全国の方々に旬の味覚をお届けしております。

SHARE

ブログ一覧