BLOG ブログ

ブログ

甘くておいしいシャインマスカット、ナガノパープル、クイーンルージュの特徴

目次

「色」で美味しいぶどうを見分けよう!

ここ最近は、スーパーマーケットや直売所などでシャインマスカットやナガノパープルを見かけることも多くなってきました。美味しそうなぶどうを選んだはずが、いざ食べてみると酸っぱくて微妙‥‥なんてこと、ありませんか?
今回は、Hoshina farmでも取り扱っているシャインマスカットやナガノパープル、
そして新品種・クイーンルージュについて解説します。
甘くてジューシーなものを選ぶには、「色」に注目することがポイントなんですよ。

シャインマスカットとは

シャインマスカット

長野県を始め、山梨県や岡山県など全国で作られている品種です。
シャインマスカットは、大粒の品種「ブドウ秋津21号」という品種と、
甘くておいしい「白南」という品種を交配させて作られた、いいとこ取りのぶどうです。
正式に品種登録されたのが2006年とつい最近ですが、
糖度20度超えで酸味が少ないからか、今では知名度がアップし大人気になりました。
「食べたことあるよ〜」という方も多くいらっしゃるかもしれませんね。
一口食べるとマイルドで上品な甘みと爽やかな香りが口いっぱいに広がり、
後味もさっぱりしているので食後のデザートにおすすめ。

甘いシャインマスカットの特徴

甘いシャインマスカットには、粒に茶色いシミのようなものがついています。
食べて大丈夫なのかなと思われるかもしれませんが、実はこのシミ、糖分によってできたものなんです。
また、お店でよく見かける黄緑色のものよりも、全体的に黄色くなったもののほうが甘いです。
日光に当たり熟していくにつれて、最初は深緑色だった粒がだんだん黄色みを帯びてくるのです。
完熟して黄色くなるとかすり症という症状が起きて、粒に擦り傷のような模様が出ることがあります。
もちろんそのまま食べてしまっても体に害はないのですが、見た目が悪くなってしまうから、
スーパーマーケットなどではあまり黄色いシャインマスカットを見かけることがありません。
黄色いものを見かけたらラッキーですよ。

ナガノパープルとは

ナガノパープル

ナガノパープルは、ご存知「巨峰」と、皮ごと食べられる「リザマート」という品種をかけ合わせて作られました。
雨の日が少なく寒暖差の激しい長野県須坂市生まれです。
果皮が薄くデリケートで果肉が裂けてしまいやすいため、
栽培がとても難しく希少価値の高いぶどうであるといえます。
実際に、収穫期の8月中旬に大雨が降った年では、出荷量が減少したことがあるそう。
シャインマスカットとは対照的に、一口食べるとジューシーな果汁が楽しめて、濃厚な甘みを感じられる品種です。
糖度も約18〜20度と高く、どちらも皮ごと食べられるのがいいですね。

甘いナガノパープルの特徴

一粒一粒が濃い紫色になっているものがおすすめです。濃い紫色は、よく熟した証。
この紫色の果皮には「アントシアニン」という成分が含まれており、
目の疲れや視力を回復する効果があるといわれています。
ちなみに、粒の表面が白くなっているものを見かけたことはありませんか?
これは農薬ではなく「ブルーム」と呼ばれるろうの成分で、
これがついているものは新鮮なナガノパープルであるといえます。食べても害はありません。
ブルームには実から水分が蒸発しないように守り、新鮮さを保つはたらきや
雨や朝露を弾いて病気を予防するはたらきがあります。

クイーンルージュとは

先ほども紹介した「シャインマスカット」と、紫色で細長い形をした「ユニコーン」という品種を交配させて
生まれました。2018年に品種登録された新しい品種で、栽培している農家さんもまだ少ないです。
2021年現在は長野県だけで栽培されているそうです。
果皮が柔らかく大粒で、食べたときの満足感はまさにクイーン級。
糖度が約20度以上と高く、噛んだ瞬間に上品かつ濃厚な甘みがじゅわっと広がります。
飽きのこない味わいで、ついついもう一粒、と手が伸びてしまいます。

甘いクイーンルージュの特徴

よく熟したクイーンルージュは、全体的にロゼワインのような濃い赤紫色になります。
粒の根元のチェックも忘れずに。根元が赤色、黄色と緑がかっていないものを選びましょう。
これはクイーンルージュに限らず他のぶどうにもいえることなのですが、
茎が緑色のものは新鮮で、みずみずしいです。
ぶどうの味や香りは樹齢によっても変わってきます。
まだできたばかりで樹齢が若いので、これからもクイーンルージュの新しい一面が発見されていくことでしょう。
今後に期待できる品種といえそうです。

まとめ

ご家族やお友達など、大切な方へのプレゼントやいつもがんばる自分へのご褒美に、ぶどうはおすすめです。
気になる品種をいくつかお取り寄せして食べ比べてみるのも楽しいですよ。
ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

SHARE

ブログ一覧