BLOG ブログ

ブログ

ナガノパープルの芳醇な香りの秘密

目次

ナガノパープルの芳醇な香りの秘密に迫る

何かを食べる際、人は「味」だけを感じているわけではない。
見た目、歯ごたえ、触った時の感触……そして香りを堪能している。
食事は、五感全てを使い楽しむものなのだ。

旬の時期に収穫したブドウ、「ナガノパープル」に顔を近づけてみると、
実に甘く魅力的な香りがする。この香りは「フォクシー香」と呼ばれる。
また、これ以外にもブドウの香りは種類があり、もう一つは「マスカット香」と呼ばれている。

大きく分けると2つ、ブドウの香り

ナガノパープルが放つ香り、「フォクシー香」。
シャインマスカットなどのマスカット系のブドウが放つ香り、「マスカット香」。
ブドウの香りは大きくこの2つに分けることが出来る。

ナガノパープルの「フォクシー香」は、
親である「巨峰」から受け継いだものだと考えることが出来る。
そしてその巨峰は、品種改良されたヨーロッパ産ブドウ同士をかけ合わせたもので、
巨峰の親たる品種改良されたブドウには、「アメリカ産ブドウ」が含まれている。
アメリカ産ブドウは、多くの品種が「フォクシー香」をまとっており、
そこから考えるに、「フォクシー香」はアメリカ大陸から来たものなのだろう。

一方「マスカット香」はというと、その香りを持っているブドウの
ほとんどがヨーロッパ産ブドウである。
ヨーロッパ大陸では、この香りを持つブドウが古代より好まれ、
選別されて育てられてきた歴史がある。

香りによって変わる、ブドウの進路

「フォクシー香」と「マスカット香」。
香りが違えば、当然、ブドウの進路(加工先・消費先)も変わってくる。

「マスカット香」を放つブドウは、
ヨーロッパの人々にとって好ましい香りとして歓迎されてきた。
向かう先は、生食用という道もあるが、多くは「ワイン」に加工されているようだ。
果実のフルーティーさが生かされた甘口ワインや、
複雑な香りと爽やかさを持つ辛口ワインなど、
「マスカット香」のブドウは、世界各地でお酒として消費されている。

「フォクシー香」は、アメリカ大陸の発見と共に見出された香りで、
甘く濃厚な匂いを発することから、かつてはジュースにして楽しまれていた。
日本では、巨峰を筆頭にその香りが好まれて、数多くの「フォクシー香」を持つ
ブドウが生み出され、生食用、ワイン用にと広い分野で活躍している。

香りはブドウの多様性

「私はマスカット香が好き」、「フォクシー香は良い香り!」と、
人によって好ましく感じる香りは違うものだ。
だからこそ、ナガノパープルやシャインマスカットといった、
沢山の品種のブドウが生み出されてきたのだろう。

どのブドウにも言えることだが、香りを楽しむなら新鮮なものが一番!
旬のブドウを手に入れる機会があったならぜひ、顔を近づけ、香りをかいでみてほしい。
はっと目が覚めるような喜びが、そこにあるはずだ。

私達「Hoshina farm」では、8月末のブドウの旬に向け、
日々一所懸命に栽培を続けています。
ブドウの収穫時には、
朝採れの香り高いナガノパープル、シャインマスカットを箱詰めし、
新鮮なうちに東京から離島までお届けします。

特製BOXを開け、袋より取り出したその時の、ふわりと広がる甘い香りをご堪能ください。

ブログをいつも読んでいただき、ありがとうございます。
これからも、ブドウの魅力を更に引き出すような記事を書いていきます。

ナガノパープルの芳醇な香りの秘密

何かを食べる際、人は「味」だけを感じているわけではない。
見た目、歯ごたえ、触った時の感触……そして香りを堪能している。
食事は、五感全てを使い楽しむものなのだ。

旬の時期に収穫したブドウ、「ナガノパープル」に顔を近づけてみると、
実に甘く魅力的な香りがする。この香りは「フォクシー香」と呼ばれる。
また、これ以外にもブドウの香りは種類があり、もう一つは「マスカット香」と呼ばれている。

大きく分けると2つ、ブドウの香り

ナガノパープルが放つ香り、「フォクシー香」。
シャインマスカットなどのマスカット系のブドウが放つ香り、「マスカット香」。
ブドウの香りは大きくこの2つに分けることが出来る。

ナガノパープルの「フォクシー香」は、
親である「巨峰」から受け継いだものだと考えることが出来る。
そしてその巨峰は、品種改良されたヨーロッパ産ブドウ同士をかけ合わせたもので、
巨峰の親たる品種改良されたブドウには、「アメリカ産ブドウ」が含まれている。
アメリカ産ブドウは、多くの品種が「フォクシー香」をまとっており、
そこから考えるに、「フォクシー香」はアメリカ大陸から来たものなのだろう。

一方「マスカット香」はというと、その香りを持っているブドウの
ほとんどがヨーロッパ産ブドウである。
ヨーロッパ大陸では、この香りを持つブドウが古代より好まれ、
選別されて育てられてきた歴史がある。

香りによって変わる、ブドウの進路

「フォクシー香」と「マスカット香」。
香りが違えば、当然、ブドウの進路(加工先・消費先)も変わってくる。

「マスカット香」を放つブドウは、
ヨーロッパの人々にとって好ましい香りとして歓迎されてきた。
向かう先は、生食用という道もあるが、多くは「ワイン」に加工されているようだ。
果実のフルーティーさが生かされた甘口ワインや、
複雑な香りと爽やかさを持つ辛口ワインなど、
「マスカット香」のブドウは、世界各地でお酒として消費されている。

「フォクシー香」は、アメリカ大陸の発見と共に見出された香りで、
甘く濃厚な匂いを発することから、かつてはジュースにして楽しまれていた。
日本では、巨峰を筆頭にその香りが好まれて、数多くの「フォクシー香」を持つ
ブドウが生み出され、生食用、ワイン用にと広い分野で活躍している。

香りはブドウの多様性

「私はマスカット香が好き」、「フォクシー香は良い香り!」と、
人によって好ましく感じる香りは違うものだ。
だからこそ、ナガノパープルやシャインマスカットといった、
沢山の品種のブドウが生み出されてきたのだろう。

どのブドウにも言えることだが、香りを楽しむなら新鮮なものが一番!
旬のブドウを手に入れる機会があったならぜひ、顔を近づけ、香りをかいでみてほしい。
はっと目が覚めるような喜びが、そこにあるはずだ。

私達「Hoshina farm」では、8月末のブドウの旬に向け、
日々一所懸命に栽培を続けています。
ブドウの収穫時には、
朝採れの香り高いナガノパープル、シャインマスカットを箱詰めし、
新鮮なうちに東京から離島までお届けします。

特製BOXを開け、袋より取り出したその時の、ふわりと広がる甘い香りをご堪能ください。

ブログをいつも読んでいただき、ありがとうございます。
これからも、ブドウの魅力を更に引き出すような記事を書いていきます。

SHARE

ブログ一覧